日本人は英語が苦手ではない、でも

ある講師が、留学した語学学校での体験談です。
クラスの周りの生徒は、みな英語で話をしているので、自分より英語が得意なのだと思っていたそうです。
ところがある日、「彼らは文法も単語も、あなたたち日本人ほど知らない。」と講師から言われたそうです。「日本人は、もともと基礎力は持っているのだから、なぜ話さないの?」とも。

この話を聞いて、こんなこと思いませんか。
「日本人は英語が苦手なんじゃなかったの?」
「基礎力あるなら、なぜ英会話ができないの?」

この原因ですが、日本の英語教育が、試験で良い点を取るのが目的になっているからだと言われたりします。
試験は、間違えてはいけないし、正解は一つとなってしまいますよね。
でも、コミュニケーションって、そんなこと考えて行ってないんですよ。
自分なりの思いを、場面に応じて、言葉を選んで会話してるんです。

海外の外国語教育では、文法や単語の知識や読解力ではなく、とにかく話す実践が中心になっていると聞きます。
私たちは、英語が苦手というよりは、間違えることが嫌で英会話できるためのチャンスを逃しているのかも知れません。
間違えなんか気にせず、英会話にチャレンジしてみましょう。

Follow me!

関連記事

  1. チェックインして案内された部屋には別の客が

  2. It’s such a pain. めんどくさい…

  3. Face it.現実をみて!ってどんな時に使う?

  4. 英会話脳をつくる環境づくり

  5. Don’t be off guard. 油断する…

  6. Count me in. 私を人数に入れといて!ってどんな感…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP